2020年1月17日金曜日

愛知まちなみ建築賞に選ばれました


当事務所が設計させていただいた『たけなか外科内科こどもクリニック』が
第27回愛知まちなみ建築賞に選ばれました!
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/koen/machiken200117.html

愛知の「まちなみ」及び「建築」をけん引していく作品として社会的貢献度が高いと評価されました。 
設計者だけではなく建築主(竹中拡晴先生)・施工者(東海インプル建設株式会社)と共に表彰されるので特にうれしいです。
これからもていねいに真摯に建築と向き合っていきたいと強く思います。 

表彰式&作品発表は、愛知芸術文化センターで2020年1月30日(木曜日)午後2時30分からとなります。 作品受賞者を代表してショートプレゼンをさせて頂きます。

一般の方も参加できますので、お時間の許す方はぜひお越しくださいませ。

― project story ―
クライアントは木の温もりを感じる建物を求めていた。
これは単に木造にして欲しいということではなく、機能や防火性能・耐震性を満たし、木を感じる空間が患者を癒す場になって欲しいという願いであった。
そこで我々はプランの自由度や法的要求、構造耐力・防火性能も満たす為に鉄骨造の準耐火建築とし、外装や内装、一部には構造材の補助として木材を多用する計画とした。
そして内部での活動や素材感が街へ溢れる様に大庇を設置した上でガラス開口で内外を繋ぎ、「温もりのある透明性」を持った開放的なクリニックを実現しようとした。
―繋がりのある構え―
治療を支える病院は、機能性と効率性を高めるために、病院内部は人工的な材料に覆われ、自然の色彩や素材感に乏しい空間となりがちで、人間としての日常感覚から遠ざかりつつある。
病院という建物こそ患者さんがストレスを感じず、安心感に包まれながら前向きな気持ちで過ごせるような、より快適な環境づくりへの配慮が求められていると考えている。
本計画では木の素材をふんだんに使い、透明性をもったL字の吹抜空間が街や社会と繋がる仕掛けとなり、大庇が人々を受け入れ、内部空間での営みが木の温かみを通して表出することを考えた。
木の大きな庇は、患者を迎え入れ、外にいても守られている縁側のような空間をつくり、街との繋がりを表明している。
屋内においては接道側に沿ってL字の吹抜を計画することで、1階の待合室と2階のリハビリ室やカンファレンスホールとの繋がりをつくり、吹抜沿いに設けたL字の小屋根が半屋外的な雰囲気を持ち込むことで街との関係性を更に強めている。
大きな庇とL字の吹抜はクリニックと街の境界にグラデーションを生み、建物の機能と社会を結ぶ精神的な中間領域にもなっている。また、木材を多用することで温かみのある雰囲気をつくり、2階のL字の吹抜を大胆なトラスとすることで、構造としての建築を現し、また人々を惹きつける仕掛けにもなっている。隣に建つ調剤薬局も木の外観として、「風景」に馴染んでいく事を考えた。
温かみのある透明性を持ったこの建築が空間を繋ぐだけでなく、社会との接点となり地域と繋がり続ける構えであって欲しいと願っている。


2020年1月6日月曜日

Rethinking The Future 掲載

新年あけましておめでとうございます。
TSCアーキテクツは本日より通常営業いたしております。

いろんなプロジェクトが動いておりますが、どの計画もそれぞれのテーマがあって思い入れが深く一つ一つ完成に向けて精進していきたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

Rethinking The Future というサイトに平野医院が紹介されております。
https://www.re-thinkingthefuture.com/healthcare-interior-design/3027-hirano-clinic-by-tsc-architects/

Happy New Year 2020 !
Our project has been published on RTF !


2019年9月24日火曜日

スペインの大学で登壇します

10月18日にマドリード工科大学にて2A Interaction Forum というセミナーに登壇いたします。

爪痕を残せるように頑張ります!

2019年9月10日火曜日

内覧会のお知らせ(あちわ内科胃腸科)

9月16(月・祝日)10時~15時に あちわ内科胃腸科 様主催による内覧会を行います。

東海道の鵜沼宿の連子格子が大小のボリュームをつなぎ新たな風景となっていくことと、屋内においては庭や絵画を楽しめ、柔らかい光の移ろいが感じれる空間となっています。

当日は、田中も現地にいますのでぜひ足をお運び頂けますと幸いです。
予約等は要りません。どなたでも参加可能です。

場所:岐阜県各務原市鵜沼東町1丁目113 

↑ 内覧会は祝日の16日ですのでお間違え無く。

2019年8月7日水曜日

2A Continental Architectural Awards

2A Continental Architectural Awardsという国際建築賞の最終候補作品
「たけなか外科内科こどもクリニック」が残りました。
https://2acaa.2aincorp.com/2acaa-2019-candidates-projects/

そして何と、10月18日スペインのマドリード工科大学で行われる2A Interaction Forumにてプレゼンする10組のスピーカーにも選ばれました!
https://2acaa.2aincorp.com/2a-interaction-forum-october-18th-2019/

準備が大変そうですが、頑張ってきます。

2019年8月1日木曜日

バルバラ・カポキン国際建築賞

2019年度のバルバラ・カポキン国際建築賞の優秀作品(The Best International Works)に当事務所作品「たけなか外科内科こどもクリニック」が選出されました。THE BARBARA CAPPOCHIN INTERNATIONAL ARCHITECTURE PRIZE 
受賞作品はこちらで表示されます。
世界各地からの応募の中で、スターアーキテクトも名を連ねる中、審査員に選ばれ評価して頂いたことはとても励みになります。
建築は自分に依頼してくれるクライアント、施工してくれる建設会社がいないと世には立ち現われません。改めて関係者の皆様に感謝致します。

2019年7月29日月曜日

掲載情報

A-Styleに 令和なかむらハートクリニック が掲載されています。

(以下本文より)

都市の角地において街をつなぐ役割を果たす建築について考えた計画である。

施主の要望は、すっきりとした外観で目を引くもの、騒音振動対策、出来れば緑も欲しい、の3点であった。

計画地は名古屋駅から2Km圏内で交通量が多い交差点の角地。
沿道には防火地域という事もあり、どこか無機質な建物が多く建っている印象を受けた。

建て替えにあたり、以下の3点の事を重視した。

街に見通しの良い抜けを作る事(平面的には隅切り、断面的には セットバック する事で街と街を繋ぎ街と空を繋ぐ) 
 先進医療 をイメージする事天然石クオーツの結晶の輝き、乳白  ガラス 3 の薄いシルバーライン
 耐火建築でありながら有機的素材を使う事(天然石、天然木製ルーバー  屋上緑化  古レンガ) 
具体的には、隅切り部には2方向に開く待合室を設け街との接点とし、診察室  北庭に面した落ち着いた場にした。
内装には古レンガや天然木の造作家具を使い、患者の緊張を和らげる環境づくりに努めた。